自動車を購入した(譲り受けた)際にかかる自動車取得税についてまとめました。
役立つ情報もあるかも?
 
 
自動車取得税とは

自動車取得税とは、売買などで取得価額が50万円以上の自動車を取得した人に課せられる税金のことで、都道府県に納める地方税です。
原則は申告書に、税額に相当する収入印紙を貼付する方法で納税します。
相続による自動車の取得や、国、都道府県、市町村が購入する車に関しては、非課税となります。
身体障害者が取得する車や、身体障害者の通院用の車については、減免を行っている都道府県が多いので、各都道府県税事務所へ問い合わせてください。

自動車取得税の課税について

都道府県に申告納税する地方税です。
自動車取得税について詳しくはこちら
中古の自動車の場合は50万円以下のものもありますが、新車を購入した場合は確実に50万円を超えますので、納税することになります。
取得価額の5パーセントが課税されます。
ただし購入者が自分で申告納税することはあまりありません。
ほとんどの場合、販売店が購入見積もりに含めて申告と支払いを全てやってくれます。



 
自動車取得税の123
計算方法
課税されない場合は?
気をつけること
廃止される?
 
  Copyright © 2013 [自動車取得税の123] All Rights Reserved.