自動車を購入した(譲り受けた)際にかかる自動車取得税についてまとめました。
役立つ情報もあるかも?
 
 
自動車取得税は廃止される?

車離れ、特に若者に多くなっていると言われていますが、自動車を購入した時にかかる様々な税金のうちの一つ、自動車取得税は、50万円以上の自動車を購入した時にかかる税金です。
購入時の金額と言っても、スペアタイヤや工具などはこの金額に含まれないことは知っていましたが、逆にカーコンポやエアコンなどが含まれるということは知りませんでした。
高額な買い物である新車の購入時にかかるこの自動車取得税が廃止されたとしても、車離れに歯止めがかかるとは思えませんし、低価格車や中古車で50万円未満の車両となると、その質はやはり落ちるものと思われます。

自動車にまつわる安全をキープしていくためにも、こういった税は必要な存在となっています。
また、交通安全を向上させていくような動きにも活用されています。
ドライバーひとりひとりが健全なカーライフを送ることができるようにもなっているのです。
それから、若い人たちへ自動車取得税の知識を広めていくような活動も大事になってきているのです。



 
自動車取得税の123
計算方法
課税されない場合は?
気をつけること
廃止される?
 
  Copyright © 2013 [自動車取得税の123] All Rights Reserved.