自動車を購入した(譲り受けた)際にかかる自動車取得税についてまとめました。
役立つ情報もあるかも?
 
 
自動車取得税が課税されない場合は?

自動車を取得すると自動車取得税というものがかかってきます。
数百万の車ですから計算する数万円というけっこうな額になります。
新車で買う場合と中古車で買う場合によって、それも変わってきます。
一方、課税されない場合や減税される場合もあります。
取得価額が50万円以下の車は課税されません。
また相続により取得した場合も課税はなしです。
そして、電気自動車やハイブリッドカーは、課税の利率が引き下げられています。
環境にも優しいので乗る人が増えればCO2削減につながります。
また、障害者が利用する場合も要件に該当すれば減免されます。
車の購入時に取得税を考えて買わないですが様々な特例措置もある事を知っておきたいです。

非課税の対象

自動車取得税は、自動車を取得しその金額が50万円を超える場合に、都道府県が取得者に対して課す地方税の名称です。
従って、取得額が50万円未満の場合には非課税となります。
この際の取得額については、特定の計算式によって算出されるという特徴があります。
具体的には「新車価格×0.9×残価率」によって算出されます。
この内残価率については、車の年数経過によってその年数が変わります。
1年経過から半年毎に数値が小さくなり、軽自動車で4年・普通車で6年経過後は最少の0.1で計算する事になります。
従って上記の年数が経過した車両については、余程の高級車を除いては非課税の対象であると考えて差し支えないと言えます。



 
自動車取得税の123
計算方法
課税されない場合は?
気をつけること
廃止される?
 
  Copyright © 2013 [自動車取得税の123] All Rights Reserved.